ファクタリングを比較してみる

ファクタリングの比較は会社の持っている売上債権を売却することで、支払の期日を待つことなく資金が調達できるメリットがあります。

取引先からも売掛金の回収をする必要がなく、商品やサービスを提供し始めてから1から3ヶ月ほどのリードタイムがあります。

資金面で力がない中小企業は、リードタイムによる決算が黒字なのにキャッシュフローは悪化するということが言えます。


ファクタリングの比較を利用して、売掛金から手数料を差し引いた金額を早めに資金化するために安定させる必要があります。

ファクタリングのおすすめ

売掛先企業の承諾が必要ではないケースは2社間のケースと、売掛先企業の承諾をもらって行う3社間のケースが言われます。
契約や取引は利用者のみで取りかわしますが、売掛先に承諾をもらう必要がないので気軽に行えます。
債権譲渡を行う際、売掛金は利用者が集金した後支払うシステムになっています。



以前から海外では一般的に利用されているシステムですが、国内では手形割引きで資金を調達することが浸透していたので認知度が低いとされています。


売掛先に承認した3社取引の場合は、ファクタリング比較は資金操りが緊迫している不安に感じられることもあり取引に影響がでます。

メリットは売掛先と契約したことによって、相手に知られずに利用できるので自社の信用を保つためにも利用価値があります。



売掛先に承認してもらわなくても可能なため、より迅速に資金調達のシステムが利用できることもメリットです。